2012年

2月

20日

家族を内部被ばくから守る食事法 / 岡部賢二 著

◆内容紹介

東電福島第一原発の事故にともない、大量に放出された放射線物質。日本全国にその「見えない不安」は、いまだ渦巻いています。この本では、マクロビオティックの第一人者である岡部賢二先生が、みそやぬか漬けといった発酵食品を中心に、放射性物質に打ち勝つ食事の工夫を説きます。

 

◆内容(「BOOK」データベースより)

大切な人の健康は、自分の手で守るしかありません。放射能から体を守る、入ってしまった放射能を体外に出す、食べてはいけない食材。みそ・しょうゆ・ごま塩・梅干し・昆布・寒天・れんこん・あずき・高野豆腐…。解決策は、日本の伝統食にあった。

Loading
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー