体質と食物 / 秋月辰一郎 著

◆内容紹介

 『食養生、食物の研究を巡りめぐって、味噌にたどりついた。味噌は日本人の食物のかなめであると知った。

 これは日本の国土、日本人の体質によって受け継がれた伝承のものである。

 毎日欠かさず味噌汁を食べていると、体質がいつの間にか、病気に負けない体質になっているのである。

 私は、自分の生命を賭けて医学をした。今味噌汁にたどりついた。毎朝の味噌汁である。これが健・不健の鍵と思う。』(本書より)

 

 薄い本ですぐに読めますが、この本に書かれていることは、シンプルでありながら深い啓示を与えてくれます。

 西洋医学に携わりつつ、東洋的な感覚で食の重要さに着目し続けた結果、なぜ味噌汁にたどりついたのかがわかりやすく書かれています。

 しかもそれは、今日からでも実践できる簡単な健康法なのです。守るべき家族のために今こそ読んでほしい一冊。

 

Loading
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー