2011年

9月

11日

ひとつの鍋から幸せひろがる 野菜たっぷり重ね煮レシピ / 船越康弘・かおり 著

◆内容紹介(「BOOK」データベースより)

 皮つき素材を切って重ね水も油もほとんど使わない!野菜の生命力とうまみがギュッと凝縮!応用自在の「重ね煮料理」50種。

 

◆著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

船越 康弘

 自然食料理人。1956年、岡山県生まれ。

 二十歳の時、食養を世界にひろめた故桜沢如一氏の思想に出会い、食べ物を変えると人生が変わることを実感。

 その後、食養料理の大家故小川法慶氏に師事。

 「重ね煮料理」を通して、薫陶を受ける。1986年、岡山県の吉備高原の山奥で自然食の宿「百姓屋敷わら」をスタート。自然食を単なる健康志向ではなく、幸せと感謝の生き方に進化発展させる。

 2000年、まずは自分から自分を楽しませることを実現するため、ニュージーランドに移住。

 食をゆったり楽しんでもらう宿「オーベルジュわらNZ」を開業し、成功させる。

 2006年12月、日本に拠点を戻し、「百姓屋敷わら」を営業しながら、全国でセミナー、講演、料理教室などを行っている

 

船越 かおり

 1956年、和歌山県生まれ。

 1980年、船越康弘と結婚。二男一女の母となる。

 1985年、岡山県川上町に移り住み、「百姓屋敷わら」の開業に尽力。

 2000年4月、ニュージーランドに移住。永住権をとり、家族だけの生活を楽しむ。

 2006年12月、日本に拠点を戻し、新たな形式で「百姓屋敷わら」を再開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    yammy (日曜日, 09 10月 2011 20:12)

    これは、目から鱗本です。
    お料理が苦手な私でも、美味しいお料理ができてしまいます。
    しかも簡単だけど、体にとっても良いです!
    こちらは、船越さんのブログです。良いお話が満載です。
    もしよろしければ、見てみてくださいね。
    http://d.hatena.ne.jp/waraclub/ 

Loading
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー