2011年

9月

11日

いちばんやさしい!マクロビオティックおいしいレシピ98 / 大森一慧 著

◆内容紹介(「BOOK」データベースより)

 マクロビオティックにおいては、「体調、即食」と考え、食材の選択は無論、調理するにあたっては、まず、食品一つひとつの陰陽を判定し、住んでいる地域や季節に調和させ、さらに食べる人の体調と食品の陰陽が調和した料理(食べる人がおいしく食べられる料理)を目指し、そのために、下処理によって陰陽をととのえておくことが基礎になります。

 食材別の下ごしらえ、切り方、調理のコツがわかる本。

 

◆著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より)

大森 一慧

 1933年、静岡県生まれ。純正穀物菜食料理研究家、栄養士。夫であり食養医学家であった故大森英櫻氏の無双原理をベースに、陰陽の法則に基づく食生活を半世紀以上実践する。

 体と心のバランスをとりもどす食事と手当て法を伝える穀物菜食料理の学校「一慧のクッキング」を開校。自然治癒力を高める陰陽料理のおいしさと、手当て法の的確な判断には定評がある。

 マクロビオティックの神髄を伝えるべく、全国各地で食の講義や料理教室を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    nao (日曜日, 18 9月 2011 19:47)

    マクロビオティックに関心のある方でしたら、どなたもご存知の
    大森先生のおススメ著書です。

    作り方がとても丁寧で、わかりやすく、写真が綺麗です。
    私は、この本からマクロビオティック料理の勉強を始めました。
    陰陽のお話しは、一見難しそうですが、覚えてしまえばあとは
    感が働きます。
    ある程度の期間続けると、強い甘味のお菓子や飲料水などを
    求めなくなる自分に気づくはず。
    体質改善したい方にもいいと思います。

Loading
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー