行政交渉について

 

◆2012/01/26(木)

 私たち千葉県民の水道水として取水され、また農作物の農業用水としても利用されている河川(小櫃川、湊川、養老川)の水源地に、福島第一原発事故後、県内で出た8,000ベクレルもの高濃度放射能汚染されたゴミの汚泥、焼却灰が埋め立てられています。
 この問題に対して昨年秋から取り組んでいて、今回の千葉県庁行動の発起人でもある 袖ケ浦市こどもたちと未来の会 代表の佐藤氏の呼びかけに応じる形で、私たち子ども千葉ネットは千葉県知事に対して要望書を提出しました。
 『放射性物質を含む廃棄物の水源地への埋立て』に対する「千葉の水を守れ!」千葉県庁1日行動の詳細は ちばアクション さんのブログにて報告されています。
 この度、私たちが提出した要望書に対する千葉県からの回答にも依りますが、千葉県内における放射能に関する最重要問題として取り組んで参りますので、ご理解、ご協力を賜りますよう、宜しくお願い致します。

福島第一原子力発電所事故による放射性物質を含んだ ごみ焼却灰・下水汚泥等の処理についての要望書
2012-01-26_千葉県知事への要望書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 95.4 KB
Loading
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー